改善効果

50代、BMIが22、リバウンドなしで20代の体重に減量して維持

改善効果

こんにちは! 健史(たけふみ)です。

プロフィールでも紹介しましたが、タバコをやめてから10㎏以上太り、その体重が50代まで減ることはありませんでした。

それまで食べる量を減らすことはしてこなかったので、運動しても余り効果はなく、内臓では脂肪が筋肉に変化していたのかもしれませんが、減る体重は僅かでした。

40代、デパートで正面に大きな鏡のある階段を下りるとき、映る自分の姿を見て唖然としました。

「何て太っているんだ!、太ったのは分かっていたけれど、周りからこんな風に見えていたのか」とショックだったことを覚えています。

ダイエット食品も試したことがありますが、私には合いませんでした。

一度だけ、私生活で超ストレス生活を強いられた時があり、食事が取れず、2週間で数キロ痩せたことがありました。

でも、それって健康的な痩せ方ではなく、当然長続きすることなく、体に異常を来しました。

スポンサーリンク

健康改善生活を始めてから体重に変化が

健康改善を始めた50代前半、1年で約10キロ近く減量できて、何度かのダイエットでは起きていたリバウンドはありません。

身長が170cmですが、最高73Kg位から体重が落ち始め、62~63KgになりBMIは21~22台で安定しています。

「体が軽いなぁ」と感じます。

20代で購入したスーツで、結構気に入っていて着れずにタンスの中で眠っていたものが、すんなりと着れるようになりました。

穿いてみて入ったときは、とにかくうれしかったです。

買って1年も使ってなく、結構気に入っていたものでしたが、ずっと穿けていなかったので。

痩せてから購入するスーツは、ちょっと太めの方用のAB体[ややゆったり]、BB体[ゆったり]、E体[大きいサイズ]とかではなく、A体[標準]です。Y体[細身]まではいきませんが。

そして、デパートの階段で正面の鏡に映る自分を見て、ほっとしています。

痩せて健康を維持している健康改善は

一番効果があったのは「1日2食 朝食抜き生活って大丈夫?不安・心配だったことの結果は」でも紹介しましたが、1日2食にしたことだと思います。

痩せる原因を考えてみました。そんなの当然と言った内容もありますが。

◇体に入る絶対量が減った
1日3食と1日2食、お通じの回数は同じ1日1回とした場合、体に滞留する量は当然3食の方が多く、腸はその保有する量が多いことから太く、お腹周りも太くなっているのでしょう。

それを2食にしたのですから、滞留する量は減って、お腹周りも細くなったのだと思います。

◇摂取するカロリーが減った
1日2食にしたことで、当然摂取するカロリーも減り、体が吸収する量も減ります。

正確に量っていませんが、今は1日当たり1500~1600キロカロリー程度だと思います。

肉体を使う仕事ではないので、その程度のカロリーで十分で、もう少し減らして良いかとも思っています。

◇空腹状態で脂肪を消費した
日中空腹を感じる時がありますが、脂肪が燃えやすい体質になったのだと思っています。

食べる量も減らしているので、体に付く脂肪も減少していると思います。


そのほかにも痩せた要因はあって、健康法では紹介していませんが、土日に畑仕事を兼ねて運動したことも影響していると思います。

春から秋にかけては、土日に畑仕事を日に2~3時間やっています。

といっても、草むしりが殆どですが。

家の目の前に実家の畑があり、放置しておくと、草ぼうぼうになってしまいます。

できる範囲でやっています。

また、細かいことですが車のタイヤ交換(スタッドレスとノーマル、2台)などは自分でやっています。たかがタイヤ交換と侮ることなかれ、結構体力を使います。

なんでもチャレンジしようと思っていて、仕事を辞め自由な時間が取れるようになったら、野菜作りをやってみようと思っています。

少しずつやり始めていますが。

減量を維持している健康改善の注意点など

1日2食については賛否両論ありますが、私にとって痩せて健康を維持できているのに効果が高かったのは、上記でも書きましたが「1日2食でインプットを減らす」ことだと思っています。

ただし、減らし方に工夫というか、その人に合ったやり方をしないと体がおかしくなります。

30代のころ、夕食をダイエット食に換えたのですが、失敗しました。

お腹が空き過ぎて、頭がボーっとして、意識していないのに、知らずのうちに“よだれ”を垂らしていたのです。「これは何かおかしいぞ!」と思い、即行で止めました。

私だけではないと思いますが、夜は満腹感というかお腹に食事による充実感を感じないで寝ると、空腹で寝つきずらいです。

でも、三食、朝、昼、晩と食べていた時は、どんなに運動しようとも痩せませんでした!

一時的に痩せてもリバウンドする状態で、痩せたとは言えない状態です。

体は食べた分を吸収してしまうようで、吸収してしまった分を消費するのは、とても大変です。

時々テレビで太った方のダイエット番組がありますが、ほんとうにつらい思いをされています。

体についてしまった脂肪を運動で落とすということは、精神的にも大変です。

私も経験がありますが、坂道を歩いて負荷を掛けても、暑いなか走っても、歩いても総じて体重は減りませんでした。


その大変さよりも、1日2食生活において、一時的でも慣れるまでの空腹に耐えるほうが、私にとっては楽でした。

今は“よだれ”が出ることもありません。

運動するよりも効果も感じやすいです。

暑いなか頑張ったのに効果なしって「何だったんだ!」って感じでした、怒りの矛先はありませんが。

ダイエットのためにも健康のためにも「夜の食事を少なくするのが良い」と言われていますが、少なくとも私は違います。

朝食を食べず、夜はしっかり食べていますが、それで夜もぐっすり眠れ、健康診断の結果も良くなり、体重も痩せた状態を維持できています。

今この状態では、3食生活に戻ることはありません。

朝食抜きの1日2食は、理にかなっていると思いますし、その効果は私の体で事実が証明してくれているのですから。

最後に

健康診断で異常があり、痩せることを薦められている方、しっかり食べて寝ているのに調子が良くない方など、1週間だけでも朝食をスムージーや野菜ジュースや味噌汁だけにするとか、できるところから始めてみてはいかがでしょうか。

それで効果が現れ、異常を来すことなく、続けられるようならば続けて頂ければと思います。

1週間やって“効果なし”とか、途中で“調子が悪くなった”という状況でしたら、止めて、別の方法を模索する。私としては2~3週間やってから見極めても良いと思っています。

それで異常を来すことなく、効果が現れ、続けられるようならば継続すればと思います。

ネットの一部では1日2食の弊害も書かれておりますが、人それぞれ違います。

全ての方に有効だと思いませんが、それで改善できるのであれば安上りで儲けものです。

コメント