思想

YMYL記事を書き続ける理由、検索順位は残念だけど1人でも救えれば

思想

こんにちは! 健史(たけふみ)です。

ここ最近またYMYL(Your Money or Your Life)に関する記事をいくつか書いていますし、リライトもしています。

なぜ?っと思われる方もおられるでしょうネ。

「素人が書いたYMYLの記事は圏外に飛ばされてしまうのに」と。

Google先生は品質ガイドラインで、お金や生命に関わるコンテンツには高度な専門性と権威が必要と言っておられます。

そのため、私を含め専門家以外の記事は順位を大きく下げられています。

にも関わらず書き続ける理由を綴ります。

スポンサーリンク

このブログを立ち上げた経緯

このブログは、自分が経験してきたことで良かったことも悪かったことも含め、私同様に困っている方へ知って頂き、私と同じとまでは行かなくても、痛みから解放されたり健康になり、悩みの一つが解決してくれればとの思いから立ち上げました。

プロフィールなどもで書きましたが、インターネットで助けられたことが多々あり、今度は自分が恩返ししたいと思ってのことです。

この気持ちは、今も変わっていません。

1記事には、最低でも数時間から数日、ときには1週間以上の期間を費やしているものもあります。

そして記事の内容に、
・思いやりの気もちがあるか(仁)
・内容は正しいか、嘘偽りがないか(義)
・人の信用を得るに恥じない内容か(信)
を何度も自問自答してから公開しています。

"義"については、体質など異なる場合もあり当てはまらない方もおられるでしょうが、私の体に起きたことであり、その内容に誤りが無いかを確認し、当然ですが間違っていれば訂正しています。


残念なのは、YMYLです。

すべてではありませんが、大きく順位を下げた記事があります。

腰痛、肩痛、寝違え、テニス肘、ストレートネックを自分で治せるようになってきていて、私と同様に苦しんでおられる方に、是非ともお読み頂きたい記事があるのですが、仕方ありませんね。

YMYLの記事を書き続ける理由

それでもYMYLの記事を書き続けようと思っています。

このブログを始めた時の気持ちは変わってないし、検索上位にある記事からたどり着いて、たまたま上記の記事に行き当たり、救われる方が1人でもいて下さるのでしたら嬉しいです。


私が初めてテニス肘になったとき「この肘の痛み治るのかなぁ?、この先ずぅっーと続くのかなぁ?」と不安で途方に暮れていました。

だってちょっと重いものを持ち上げると痛みが生じるのですから。生活していく上で「困ったなぁ」と。

そこで救われたのがインターネットで何ページか先送りして見つけた記事というかメーリングリストです。今見つけることはできません。

そのメーリングリストに書かれていた内容で治したテニス肘が、以下の記事です。

使いすぎが原因で硬くなったコリをほぐすだけ!テニス肘を自分で治す
テニス肘に2回なりましたが、2回とも自分で治しました。なりたての症状が収まってから1~2週間位です。時間さえあればどこでも出来る方法で、器具は不要です。正し注意点があります。テニス肘は放っておいても治りませんでした。私の経験談を紹介します。

そうした記事のように、そしてほぼ無いに等しいかも知れませんが、同様に見つけて頂ければ幸いです。

そして無くなってしまった記事の内容を実行し、また私が書くことで引き継げればと思っています。

私自身が遠回りしたくないし、そして多くの方に遠回りさせたくないし、してほしくないのです。


それから、自分自身の備忘録としても役立っています。

身内・親族にも、私と同様なことが起きたら参考にしてもらいます。

ブログ記事に書いてあるものもありますが、現に家族で役立っている事がありますので。

首痛・肩こりについて はじめに。痛いからと病院に行く前に
寝違えや肩コリなど首から肩にかけて生じる痛みも辛いものです。私も様々な痛みを経験しましたが、今は痛みが出ても治せるようになってきました。痛みが生じた際の私の対応方法を紹介致しますが、その前に首・肩痛における注意点など経験を交え紹介致します。
思想
スポンサーリンク
- 面白かったらシェアお願いします! -
健史をフォローする
自分で改善

コメント