思想

朝食抜きは太るって決めつけないで!痩せて維持できている人はいる

思想

こんにちは! 健史(たけふみ)です。

朝食を抜くと「太る」、「痩せる」と言った記事やテレビ番組があり「一体どちらがほんとうなの?」と思われる方もおられるでしょう。

タイトルから言いたいことは想像できると思いますが、綴ります。


尚、予めお断りしておきますが、私は医学や科学技術などを冒涜するつもりは全くありません。

また、多くの研究や結果得られる成果を否定するつもりもありません。

多くの方面から研究され、進化と向上に役立てて頂ければと願っています。

スポンサーリンク

「朝食抜きは太る」という記事を目にして思うこと

「朝食抜きは太る」という記事やテレビ番組を見て、いつも心で叫んでいるのは、

・それは違う!なぜ決めつけるの?朝食を抜いて痩せて維持できている人はいるのに!

・あなたは実際に朝食抜きをやったのですか?、やった結果太ったのですか?

・あなたが太ったのでしたら、そういう体質だっただけで、全ての人が太るわけでなく、減量に成功して、かつ、維持できている人はいる!

・朝食抜きで、痩せただけではなく、目覚めが良くなった、慢性疲労が治った、花粉症が大きく軽減し症状が殆どでなくなった、酷い生理痛が無くなったなど、健康改善されている方もいる!

なかには、一利を興すは一害(朝食)を除くに如かずの人もいるということです。

健康改善にも当てはまる「一利を興すは一害を除くに如かず」とは
“一利を興すは一害を除くに如かず”とは「利益になることを始めるよりは、弊害になっていることを止めたり、除去する方が重要である」という意味の名言です。これは健康にも当てはまる言葉であると思っています。この記事はその内容について書いてみました。

まだ「すべての人が朝食抜きで太るわけではありません」といった補足でもあるのでしたら良いですが、それはなく断定です。

私が見逃したのかもしれませんが「すべての人が朝食抜きで太るわけではありません」といった説明があった記憶は、あまりありません。

もしくは、テレビ番組などではカットされてしまい、放送されないこともあるかもしれませんが。

朝食抜き、医学的には太るかもしれないけれど、医学的に反して実際に痩せる人もいる!

朝食抜きが医学的な研究結果に当てはまり、太ったり不健康になったりする方はいるでしょう。

ですが、医学的に反して、痩せて健康が改善された方がいるのも事実です。

私は朝食抜きを始めとする健康改善で、今のところ健康を維持できています。

1日3食のときは、運動してもあまり痩せず、痩せても維持できませんでした。

それが1日2食朝食抜きで、10Kg近いダイエットに成功し、しかも運動など大した努力もせずにリバウンドもありません

しかも、私だけではありません。


それから、朝食を抜くと認知症になるとか、なりやすいとも言われています。

実際に、朝食抜きが原因で認知症になる方がいるのかもしれません。

ですが、朝食抜き1日1食と言われているタモリさん、北野武さん、福山雅治さん、ナグモクリニック総院長 南雲吉則先生、もう何年もそうした生活をされておられようですが、若年性を含む認知症を発症していますか?

むしろ、壮健に見え、年齢よりも若く見えます

医学的には認知症になるのかもしれませんが、異なる事実があります。

認知症になる原因は、脳細胞や神経を破壊してしまう変化を起こさせる食物で、朝食抜きは原因の1つではないと思います。

天ぷらを食べても胃もたれ・胸やけしない!油を変えてみた
こんにちは! 健史(たけふみ)です。 天ぷらや玉子焼き、炒め物などを作るときに使用する油ですが、どれも同じで、体に良いとか悪いとか、特に考えていませんでした。 従って購入する油はというと、油の種類というよりは安いものを選んでいま...

私も朝食を食べていたときより食べない方が、午前中から眠くなることは無く頭がスッキリしています。

これって何なの?と思ってしまいました。

ですが、私と年齢、仕事、環境など違う方がいるのも事実です。

1日3食の方でいまいち健康改善したいと思っている方はとにかく朝食抜き、1日2食、もしくは、1日1食を1度試すことをお薦めします、ダメだったら止めれば良いのですから


1日2食朝食抜きの生活に関する記事は、以下をご覧下さい。

1日2食 朝食抜き生活って大丈夫?不安、心配していたことの結果は
こんにちは! 健史(たけふみ)です。 「1日2食 朝食を抜く」という健康法は、私にとって健康改善に大きく寄与した一つです。 始める前に不安や心配がありましたが、いろいろ調べてそれらを解消し、今も継続しています。 1日3食食べて...



医学的に反してとは思いませんが、医師が示さない、自らの考えや自然療法によりがんを克服と言っても過言ない状態まで改善された方もいます。

末期がんで余命ゼロと診断され、その後14年間存命された神尾哲男さん、神尾さん同様に食事を中心とする自然療法で乳がんを約5㎝縮小させた清岡美音さんがいます。

そのまま医学に頼っていたらどうだったかという比較はできませんし、どうなっていたかというのは神様のみ知ることでしょう。

とにかく「朝食抜きは太る」って決めつけないで

朝食抜きを続けているけれど、痩せないという方はいます。

ですが反対に、私同様、朝食抜きで痩せて維持できている人がいる事も認識して頂きたいのです。

要は、一律に「朝食抜きは太る」と決めつけないで頂きたいのです



記事やテレビ番組で時々あるのが、
・朝食を抜くと太るは、正解か不正解か → 正解です
・朝食を抜くと太るは、〇か×か    → 〇です
・朝食を抜くと太るは、本当か嘘か   → 本当です
です。

上記の答えは、
正解でもあり、不正解でもあります
〇でもあり、×でもあります
本当でもあり、嘘でもあります
です。

当てはまる人もいれば、当てはまらない人もいるのです。

やり方を間違えているのかもしれません。


私は朝食抜き、1日2食を無理にお薦めしません。

玄米食も無理にお薦めしません。

「痩せたね!どうして痩せたの?」と聞かれれば答えます。

ですが、そのあと私から「どうですか、やっていますか?、続けていますか?」と聞くようなことはしません。

やってみた結果は良くも悪くも、自ら言ってきます。


やって見て自分に合う方法を見つければ良いのです。

このブログは「こういう人もいるんです」ということを伝えたいのです。

それぞれ体質や生活・仕事など違いますので、それぞれに合うスタイルを見つけることです。

遺伝子を調べるとわかるらしいのですが、もっと発展して広まれば良いと思っています。


「1日3食食べましょう」「朝食はしっかり食べましょう」、それにより体重を維持し健康でいる方がいる一方で、それを止めることでダイエットに成功し健康を維持できている方もいるのです。

「朝食抜きは太る」ことが医学的な研究結果で示されても、「『朝食抜きは太ること』が当てはまらないこともある」ということを一人ひとり違う人間の体に起きる事実が証明してくれています。

真実は、それぞれの人の中にあります。

思想
スポンサーリンク
- 面白かったらシェアお願いします! -
健史をフォローする
自分で改善

コメント