健康法

意外に汚れる部屋の空気、健康にも影響あり、こまめな換気で体内浄化

健康法

こんにちは! 健史(たけふみ)です。

普段、何気なく吸っている空気についてです。

換気していない部屋の空気は意外に汚れていて、風邪を引く原因になったりします。

空気の良し悪しは目で確認できるものではありませんが、私の体で実験したり体感していることら綴ります。

スポンサーリンク

密封性が高い部屋では空気が滞留し汚れる

別の記事痛く苦しく辛い風邪を引かなくなってきた!強くなったと感じる抵抗力でも書きましたが、20歳の頃「部屋の空気を喚起しないとどうなるか」という実験したことがあります。

風を引いていなかった健康な時のことです。なので「風邪菌はいないはず」、「外からの空気を遮断すれば風邪は引かないだろう」と思ってやってみました。


そうしたところ5日目位で風邪を引いたのです。「あれっ?、風邪を引くんだ!」と思ったことを思い出します。

考えて見ると、生活していればホコリが発生して溜まるのと同様、空気も汚れ、かつ、雑菌が繁殖するのでしょう。

雑菌は紫外線で殺菌されますので、屋外の空気は綺麗になるでしょう。

ですが、閉め切った部屋では紫外線も届きにくく、換気をしなければ雑菌が繁殖することになります。

雑菌で汚れた空気を吸えば、私が風邪を引いたように病気になります。また、酸素の量も少なくなるでしょう。


そして、暖かい空気は上に、冷たい空気は下に行って、風がなければ滞留します。

締めっきりの部屋で寝ていると、朝起きたときに自分の吐いた息が上の方に滞留しているのが分かります。

床に布団で寝ているので、立ち上がった時に判ります。

部屋の空気の換気のために行っていること

部屋の換気をこまめに行うようにしています。

夏は当然ですが、冬であっても1日1回は窓を開けて換気します。一瞬寒いですが5~10分位かけて。

そして、就寝時も窓を少しだけ開けて寝ます。

私が住んでいるのは、東北・北陸より南ですが、それでも冬は寒いです。

ですが、真冬でも開けて寝る時があります。

雨戸の鍵を閉め網戸にして、サッシのガラス戸を少し開けて寝ます。


夜の空気は良くないと思われているらしいですが、意外と綺麗なのだそうです。

そして、雨の日の空気も。

なお、夜間の空気を極端に、不健康なものの如く考えている人もあるようだが・・・中略・・・
即ち特に都会の空気は、昼の空気よりは、夜の空気の方が遥かに清浄なのである。それは夜になると塵埃(じんあい)や細菌類は夜の湿気のために昼間ほど夥(おびただ)しく飛散しないからで、従って、昼間でも雨天の際は、晴天の風の烈しい塵埃のモウモウたる時より遥かに空気は、綺麗なのである。

中村天風「錬身抄」公益財団法人 天風会 P.50



出張や旅行でホテルに泊まったときも、換気扇をオンにするか、窓を少し開けて寝ます。

私は布団で寝ることにメリットを感じています。

自分の吐いた息は上の方へ行って、外から入る空気は冷たいので下の方に入り込むからです。

空気は体内を浄化するのに必要なもの

火が燃え盛るには酸素が必要です。

空気を送り込むと火力が強くなり、遮断すると消えてしまいます。

人間の体も火と同じであると感じていることがあります。

◇アルコールが抜けやすい、分解されやすい
飲み会で「結構飲んだなぁ」という日、窓を網戸にして顔は窓の近くに向けて寝たことがあります。

朝起きた時これまでなら、ほぼ間違いなく二日酔いで「頭ッ、痛いだろうなッ!」と思っていたのです。

目が覚めてみると、お酒を飲まないで寝たときと同じというわけにはいきませんが、頭は痛く無く、これまでと異なり意外とスッキリしていたのです。

以前は水をガブガブ飲んで「早く酔いを醒まそう!」なんてことをしていました。

ですが、綺麗な空気が体に入り込む状態で寝る方が、アルコールが体から抜けるというか、分解速度が早いです。

だからと言って、お酒の飲み過ぎはいけません!

◇寝起きが良い
上記「アルコールが抜けやすい、分解されやすい」と同様、閉め切った部屋で寝た場合に比べ、寝起きがすっきりしています。

20代の頃タバコを吸っていたときは、とにかく毎朝起きるのが辛かったのですが、禁煙して2~3週間すると目覚めが良くなってきました。

禁煙と同様、きれいな空気を取り込める状態で寝ると、血液がより綺麗になり酸素が十分体に取り込まれた状態になるのでしょう。

いずれにしても、綺麗な空気が体に良い影響を与えているのは事実です。

◇喉や鼻が強くなり風邪を引きにくくなった
冬でも窓を開けて寝るためか、喉や鼻の粘膜が強くなったように思います。

風邪引きさんが近くにいると貰いやすく、喉がみるみるうちに真っ赤に腫れ上がったり、鼻の奥が痛くなり鼻水が出始め止まらなくなり、そのまま酷くなることが多かったです。

自分でも「何て風邪をもらいやすいんだ!」と何度思ったことか。

ですが、今はそういったことが無くなり、風邪を引く気がしません。無論無理をすれば別です。

最後に

人間が生きる上で外部から取り入れる必要なものとしては、水、食物、空気、光でしょうか。

水、食物、光は数分程度無くても生きれらますが、空気は違います。

火災などで一酸化炭素中毒になるのですから、綺麗な空気を吸うことが重要であることは明らかです。

空気が汚れていれば、病気になったり健康に悪影響が出ます。

空気が綺麗であれば、目覚めもスッキリして健康を維持でき、不調からの回復が早いです。

健康法
スポンサーリンク
- 面白かったらシェアお願いします! -
健史をフォローする
自分で改善

コメント